メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞研

BOROさん寄付金手渡し 山中所長に

京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(左)に寄付金の目録を手渡す歌手のBOROさん=京都市左京区で2018年2月14日午後4時49分、野口由紀撮影

応援歌「しあわせのおくりもの」に続いて

 京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)を支援する歌「しあわせのおくりもの」を作った歌手のBOROさん(63)=神戸市在住=が14日、寄付金100万円の目録をiPS研で山中伸弥所長(55)に手渡した。自らギターを弾いて歌も披露し、山中所長らが聴き入った。

     長年、難病治療研究を支援してきたBOROさんは昨年、知人からの依頼でiPS研の応援ソング「しあわせのおくりもの」を制作。今回、難病治療の基金から寄付した。

     BOROさんはこの日、ヒット曲「大阪で生まれた女」なども披露。「iPS細胞研究は患者や家族にとって幸せの贈り物。難病克服のためにこれからも頑張ってほしい」とエールを送った。

     「生まれも育ちも大阪で、好きな歌は『大阪で生まれた女』」という山中所長は「一つずつ着実に病気との闘いを続け、いいニュースを届けたい」と応じていた。【野口由紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    2. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン
    3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
    5. 都営浅草線 6月30日から新型車両「5500形」運行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]