メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外財務省、森友交渉記録と改ざん前文書を国会に提出
工藤会みかじめ料事件

ゼネコンが被害回復給付金申請

 福岡県行橋市発注の工事を受注したゼネコンが2013年、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への地元対策費(みかじめ料)を含む4270万円を脅し取られた事件で、ゼネコン側が被害回復給付金支給制度に基づいて800万円の支給を求めて福岡地検に申請した。地検が14日、明らかにした。

     関係者によると、ゼネコンは12年10月に落札した行橋市発注の活性炭処理施設築造工事で、地元対策費840万円を上乗せした4270万円の工事費を下請けに支払い、このうち800万円が上納金として工藤会幹部に渡った。この幹部は組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)で有罪判決を受けて800万円の追徴金を課せられており、給付金にはこの800万円が充てられる見通し。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 科学コンテスト 世界最大の高校生コン 彦根東が数学部門で1等 /滋賀
    2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
    3. 岩倉こ線橋 さようなら 田んぼの真ん中にポツン、なぜ? 来月にも撤去 交差点に /愛知
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]