メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会関与事件

4件一般人襲撃 殺人罪の組員、無罪主張

 北九州市で2011年に建設会社会長が射殺された事件など特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる4件の一般人襲撃事件で、殺人罪などに問われた工藤会系組員、矢沢(旧姓・松江)慶一被告(30)は14日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった初公判で、いずれの起訴内容も否認して無罪を主張した。

 建設会社会長射殺事件では工藤会幹部の瓜田太被告(54)ら8人が起訴されたが、審理入りしたのは矢沢被告が初めて。ただ、工藤会トップの野村悟被告(71)=所得税法違反で公判中=ら最高幹部は立件されておらず、建設業界の利権確保を狙ったとされる事件の背景がどこまで…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
  5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです