メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

所沢市

全小中にエアコン設置へ 調査費を予算案に

 小中学校教室へのエアコン設置を巡り、住民投票にも発展した埼玉県所沢市は14日、全校に空調設備を設置するため「所沢にふさわしいあり方」を探る調査費350万円を2018年度一般会計当初予算案に盛り込んだと発表した。藤本正人市長が当選後の2012年、航空自衛隊入間基地の騒音対策をした防音校舎28校への設置計画を白紙にしてから、大きな方針転換となった。

     定例記者会見で発表した。20日開会の2月市議会に提案する。現在設置済みと設置予定の3校を除く44校に、地球温暖化への影響が少ないなどの設備を1年かけて探す。

     藤本市長は「教育イコールエアコンと信じてやまない人たちがいる」と、長引く問題を解決するための決断だったと強調した。

     15年に、防音校舎への設置の是非を巡る住民投票後、騒音が著しい「第1種区域」内で未設置の防音校舎2校に導入を決めた。今回は暑さ対策として、全校へ範囲を拡大した。

     だが、白紙化の理由だった東日本大震災を受けて「快適で便利な生活を見直すべきだ」という考えは変更ないと強調。市長の考えを反映した「マチごとエコタウン所沢構想」に沿った設備のあり方を探し、「一歩下がるけど二歩前に出るよう、構想をいい方向に進めたい」と語った。【清藤天】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
    2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
    4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
    5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです