メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本ハム清宮、憧れダルの前で人生初代走 初対面で「すごくオーラあった」(スポニチ)

 日本ハムのドラフト1位・清宮(早実)が、13日(日本時間14日)の韓国・LGとの練習試合で人生初の代走を経験した。七回無死一塁で出場。1死後、打者・中島の2-1からの4球目にランエンドヒットのサインが出て、スタートを切った。左前へ抜けた打球を見て「行けたかなと思ったけど、ちゅうちょした」と二塁で止まるも、栗山監督は「経験させたかった。(ランエンドヒットなどへの対応も)大丈夫だね」と合格点を与えた。

     試合前には球団OBのダルビッシュと初対面。自己紹介のみに終わったが「すごくオーラがあったし体も大きかった。こういう存在になりたいと思った」と目を輝かせていた。 (スコッツデール・東尾 洋樹)(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
    2. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    3. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
    4. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
    5. キャンパスへ行こう! 東京家政大学・狭山キャンパス(狭山市) 小児に寄り添い診療 アレルギーと発達障害に特化 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]