メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

どう戦う、18人の将=柱谷幸一

 Jリーグが23日に開幕する。優勝争いは川崎、鹿島、セ大阪が中心となるとみる。監督が代わらず、チーム作りに昨年からの継続性がある。加えて、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場に備えて戦力も補強し、2チーム分の選手をそろえている。

 今季はワールドカップ(W杯)ロシア大会があるため、J1は5月20日を最後にリーグ戦を中断し、再開は約2カ月後。中断までの15試合をいかに乗り切るかが大切。中断期間をチームの立て直しに使わざるをえないか。好調さを維持しながら、プラスアルファを加えるために活用できるか。前半戦が今後の成績に大きく影響する。

 さて、私が注目しているのは新監督の戦い。例えば、ガ大阪からFC東京に移った長谷川健太監督。戦力はあ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです