メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外名人戦 佐藤、羽生を破って防衛 3連覇を達成
サッカーマインド

どう戦う、18人の将=柱谷幸一

 Jリーグが23日に開幕する。優勝争いは川崎、鹿島、セ大阪が中心となるとみる。監督が代わらず、チーム作りに昨年からの継続性がある。加えて、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場に備えて戦力も補強し、2チーム分の選手をそろえている。

 今季はワールドカップ(W杯)ロシア大会があるため、J1は5月20日を最後にリーグ戦を中断し、再開は約2カ月後。中断までの15試合をいかに乗り切るかが大切。中断期間をチームの立て直しに使わざるをえないか。好調さを維持しながら、プラスアルファを加えるために活用できるか。前半戦が今後の成績に大きく影響する。

 さて、私が注目しているのは新監督の戦い。例えば、ガ大阪からFC東京に移った長谷川健太監督。戦力はあ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文848文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  3. ロシアW杯 日本戦視聴率48.7%、瞬間最高55.4%
  4. サッカー日本代表 やっぱりすごい「大迫、半端ないって」
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]