メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝写真コンテスト

知事賞に石田充俊さん 「完成度極めて高い」 /群馬

応募作品を審査する日報連県本部の増田理事長(手前)ら審査員=県庁で

 元日に行われた「ニューイヤー駅伝2018inぐんま(第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会)」の写真コンテスト(日報連県本部、県、毎日新聞前橋支局主催)の審査会が15日、県庁であり、最高賞の知事賞に石田充俊さん(高崎市)の「テープカット」が選ばれた。日報連県本部の増田毅理事長は「ともすれば定型化しがちなテーマながら、応募者の工夫が光った。知事賞受賞作は撮影技術に優れ、完成度は極めて高い」と講評した。

 入賞・入選・秀作に決まった計37点は3月1日から7日まで、県庁1階の県民ホールで展示される。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです