メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

日本電産 吉本浩之・次期社長 入社1年で業績回復

社長交代を発表する記者会見を終え、握手する日本電産の永守重信会長兼社長(右)と吉本浩之副社長=京都市中京区で2018年2月15日、小松雄介撮影

 日本電産に入社したのはわずか3年前。しかし、大手自動車メーカーで不振事業の立て直しを成し遂げてきた実績を買われた。昨年12月、多忙を極める永守重信氏から「助けてほしい」と社長就任を頼まれた。「2030年に(売上高)10兆円を成し遂げ、海外展開をスピーディーに進めたい」と意気込む。

 1991年に日商岩井(現双日)に入社。…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです