メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

日本電産 吉本浩之・次期社長 入社1年で業績回復

社長交代を発表する記者会見を終え、握手する日本電産の永守重信会長兼社長(右)と吉本浩之副社長=京都市中京区で2018年2月15日、小松雄介撮影

 日本電産に入社したのはわずか3年前。しかし、大手自動車メーカーで不振事業の立て直しを成し遂げてきた実績を買われた。昨年12月、多忙を極める永守重信氏から「助けてほしい」と社長就任を頼まれた。「2030年に(売上高)10兆円を成し遂げ、海外展開をスピーディーに進めたい」と意気込む。

 1991年に日商岩井(現双日)に入社。…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]