メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

菅田将暉さん「あゝ、荒野」で男優主演賞、岸監督と運命の出会い語る(スポニチ)

毎日映画コンクール表彰式(2018年2月15日 ミューザ川崎シンフォニーホール)

 2017年(第72回)毎日映画コンクールの表彰式が15日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。「花筐/HANAGATAMI」で日本映画大賞に輝いた大林宣彦監督(80)は「映画を愛する皆さん、アイ・ラブ・ユーです」と感無量の表情。「あゝ、荒野」で男優主演賞に輝いた菅田将暉(24)はじめスポニチグランプリ新人賞に選ばれた「散歩する侵略者」の高杉真宙(21)と「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の伊東蒼(12)は、それぞれの言葉でさらなる飛躍を誓った。

     ミュージシャンとしても活躍する菅田は“音楽仕様”のロングヘアでステージに上がった。「あゝ、荒野」で入魂の演技を見せて初の主演賞。フラッシュの嵐に「撮影している時は、こんなに(フラッシュが)たかれることになるとは思ってもいなかった。何百本と公開され、他に凄い役者さんがたくさん出ている中で選んでいただき、身に余る光栄です」と殊勝に語った。

     寺山修司さんの小説の映画化。ボクシングを題材に、岸善幸監督(53)が前・後編合わせて5時間を超える大作に仕上げ、日本映画優秀賞も贈られた。菅田は「岸監督とは前の作品(「二重生活」)で出会って、“この人だ”という感じがありました。“ロミオとジュリエット”ではないですが、雑誌の取材で“僕にとってのジュリエット”と答えたら、それ以降、監督から“ジュリエットより”とメールが来るようになって…」と秘話も明かして爆笑を誘った。

     今年も映画が続く。4月27日に月川翔監督の「となりの怪物くん」が初日を迎え、秋には関根光才監督の「生きてるだけで、愛。」が公開を待つ。菅田から目が離せない。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    2. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]