メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地ワイン便り

山形・南陽 酒井ワイナリー ブドウの力を生かす

名湯・赤湯の温泉街で、ひっそりと続いてきた。「ほとんど個人客だったが、最近は半分くらいが酒販店」と酒井一平社長。知名度アップに手応えを感じているという=山形県南陽市の酒井ワイナリーで

 2018年は明治維新から150年の節目である。山形県南陽市は、かつて奥羽越列藩同盟の中心となった米沢藩が治めていた。同市赤湯地区の「酒井ワイナリー」は東北最古のワイン醸造所で、1892(明治25)年に創業された。

 「今のようなブームを想像していなかったでしょうね」。5代目の酒井一平さん(39)が笑う。ろ過器などの人の手を極力加えず「ブドウ自身がワインになる力を最大限生かす」とのスピリッツを守り続けている。

 南陽市のある置賜地方でのワイン醸造の恩人は、お雇い外国人のチャールズ・ヘンリー・ダラス(1842~…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1302文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです