メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地ワイン便り

山形・南陽 酒井ワイナリー ブドウの力を生かす

名湯・赤湯の温泉街で、ひっそりと続いてきた。「ほとんど個人客だったが、最近は半分くらいが酒販店」と酒井一平社長。知名度アップに手応えを感じているという=山形県南陽市の酒井ワイナリーで

 2018年は明治維新から150年の節目である。山形県南陽市は、かつて奥羽越列藩同盟の中心となった米沢藩が治めていた。同市赤湯地区の「酒井ワイナリー」は東北最古のワイン醸造所で、1892(明治25)年に創業された。

 「今のようなブームを想像していなかったでしょうね」。5代目の酒井一平さん(39)が笑う。ろ過器などの人の手を極力加えず「ブドウ自身がワインになる力を最大限生かす」とのスピリッツを守り続けている。

 南陽市のある置賜地方でのワイン醸造の恩人は、お雇い外国人のチャールズ・ヘンリー・ダラス(1842~…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1302文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです