メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

黒田総裁、再任案提示 かじ取り難しく 金融正常化、最大の課題

 任期満了を迎える黒田東彦日銀総裁(73)の再任と、雨宮正佳理事(62)、早稲田大の若田部昌澄教授(52)の副総裁起用を含む国会同意人事案が16日、衆参両院に提示された。黒田新体制は、これまで6度延期された2%の物価上昇目標の早期達成と、混乱のない金融政策の正常化などで難しいかじ取りを迫られる。【宮川裕章、松本尚也】

 黒田氏は2013年3月の就任以来、従来の金利操作を中心とする金融政策とは異なる、異次元の量的緩和策…

この記事は有料記事です。

残り1962文字(全文2171文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです