メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

黒田・日銀総裁、再任案提示 元日銀審議委員・木内登英氏、大和総研チーフエコノミスト・熊谷亮丸氏の話

目立つ緩和の副作用 元日銀審議委員 野村総研エグゼクティブ・エコノミスト 木内登英氏

 黒田東彦総裁が続投し、岩田規久男・現副総裁と同様に金融緩和に積極的な「リフレ派」の若田部昌澄・早大教授が副総裁に就くことで、大規模な金融緩和策は当面維持される見通しとなった。しかし、超低金利政策の長期化で金融機関の収益が悪化するなど、金融緩和の副作用が目立っている。こうした副作用を取り除いていくため、2期目の黒田体制では金融政策の正常化を早期に進めるべきだ。

 政府は2%の物価上昇目標が達成できていないにもかかわらず、黒田総裁を続投させることを決めた。こうし…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです