メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/2 長崎 11年ぶり、地元に夢を

練習を見つめる高木監督

 「アジアの大砲」と呼ばれた元日本代表FWの高木琢也監督(50)が故郷のチームを初めてJ1昇格に導き、11年ぶりにJ1の舞台に戻ってくる。高木監督は「J1で指揮する喜びや重責を感じ、サポーターに少しでも喜んでもらえる試合をしたい」と決意を語る。

 J2に昇格した2013年から指揮して6年目。毎年選手が大幅に入れ替わり、一からのチーム作りを強いられた。13、15年にはJ1昇格プレーオフに進出するも翌年は低迷する浮き沈みの激しいシーズンを繰り返した。昨年の開幕前には当時の運営会社の経営危機が表面化したが、選手の動揺を抑えてサッカーに集中させ、13試合負けな…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです