メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井、最年少六段 羽生竜王ら破り棋戦優勝

藤井聡太六段

 現役最年少の中学生棋士、藤井聡太五段(15)が17日、東京都千代田区で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で、午前の準決勝で羽生善治竜王(47)、午後の決勝で広瀬章人八段(31)を破り、初優勝を飾った。規定により同日、六段へ昇段し、初の中学生六段が誕生した。

 中学生が全棋士参加棋戦で優勝したのは史上初。藤井六段は、1955年に加藤一二三九段(78)が15歳10カ月で達成した最年少棋戦優勝記録(六・五・四段戦=…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです