メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

ジャパンライフ問題 「信頼関係」築いて勧誘

債権者による破産開始申し立てを行い、記者会見するジャパンライフ被害弁護団=東京都内で2018年2月10日、曹美河撮影

ぷらすアルファ(α)

 磁石を埋め込んだ健康グッズの預託商法を展開していた「ジャパンライフ」(東京都千代田区)が昨年12月、顧客への多額の債務を抱えたまま事実上倒産した。旧経営陣が別会社での事業継続と返金の方針を示す一方、被害を訴える顧客側は東京地裁に破産手続きの開始を申し立てた。顧客側の弁護団は「2000億円規模の消費者被害が見込まれる」としている。

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2241文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]