メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

ジャパンライフ問題 「信頼関係」築いて勧誘

債権者による破産開始申し立てを行い、記者会見するジャパンライフ被害弁護団=東京都内で2018年2月10日、曹美河撮影

ぷらすアルファ(α)

 磁石を埋め込んだ健康グッズの預託商法を展開していた「ジャパンライフ」(東京都千代田区)が昨年12月、顧客への多額の債務を抱えたまま事実上倒産した。旧経営陣が別会社での事業継続と返金の方針を示す一方、被害を訴える顧客側は東京地裁に破産手続きの開始を申し立てた。顧客側の弁護団は「2000億円規模の消費者被害が見込まれる」としている。

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです