メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『愛蔵版 モリー先生との火曜日』=ミッチ・アルボム著

 (NHK出版・1944円)

慈味溢れる大切な言葉

 読書に時あり、つくづくそう思った。ちょうど二十年前、この本を読み終えて、感動的な佳い本だな、と思ったものの、記憶の片隅に追いやられて、そのままになっていた。今回、箱入りの新しい版が世に贈られて、読み始めたら、ページ毎に、心に沁(し)み入る文章に出会えた。当方が老い、かつ、病は違うが、宿痾(しゅくあ)を抱えている身、という条件が、決定的に働いたことは間違いない。ただ、そうした条件の身にとって大切な言葉は、実は、健やかな人、若く老いなど知らない人々にとっても、見過ごしてはならない、大切な言葉なのだと、まことに鈍ながら、思い至ったので、ここに紹介の弁を草する。

 モリー・シュワルツは大学の社会心理学の教授、著者は学生としてモリーの講義を受講した。基礎条件はそれ…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです