メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『対談 戦後・文学・現在』=加藤典洋・著

 (而立書房・2484円)

 吉本隆明、見田宗介、田中優子、石内都、中原昌也ら幅広いジャンルの論客や表現者計11人と交わした対談を収めた。1999年から2017年までと発表時期も長期間にわたり、テーマもさまざま。さらに、戦後50年の95年、憲法をテーマに吉本、竹田青嗣、橋爪大三郎と4人で行った座談会も収録されている。

 読みどころも多岐にわたるが、2012年に吉本が没した直後に見田との間で交わされた「吉本隆明を未来へ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです