メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『対談 戦後・文学・現在』=加藤典洋・著

 (而立書房・2484円)

 吉本隆明、見田宗介、田中優子、石内都、中原昌也ら幅広いジャンルの論客や表現者計11人と交わした対談を収めた。1999年から2017年までと発表時期も長期間にわたり、テーマもさまざま。さらに、戦後50年の95年、憲法をテーマに吉本、竹田青嗣、橋爪大三郎と4人で行った座談会も収録されている。

 読みどころも多岐にわたるが、2012年に吉本が没した直後に見田との間で交わされた「吉本隆明を未来へ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文501文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]