メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『ギリシアの抒情詩人たち-竪琴の音にあわせ』=沓掛良彦・著

 (京都大学学術出版会・5616円)

詩の肌に初めて接した気分になる

 驚嘆すべき書である。ギリシア語ラテン語のみならず英独仏伊さらに中国語の文献が博捜されている。だが、研究書ではない。重要な研究は押さえているが一般向け文芸書。著者は要するに詩を愛する文人なのだ。

 古代ギリシアの詩人たちに初めて肌で接したような気分になる。本文中に引用される著者自身の翻訳が巧みで読みやすいからだ。だが、本人は否定する。ホメロスの叙事詩やギリシア悲劇ならともかく、音楽性に重きを置く抒情(じょじょう)詩の翻訳は不可能に近いというのだ。

 ギリシア抒情詩の「詩律」は特異であり、古代ギリシアの詩人たちには作詞家のみならず、作曲家、振付家に…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1470文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]