メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『外地巡礼 「越境的」日本語文学論』 著者・西成彦さん

西成彦さん

 ◆西成彦(にし・まさひこ)さん

 (みすず書房・4536円)

「移動民」の文学に目を凝らす

 佐藤春夫の台湾、横光利一の上海、中島敦のミクロネシア。第二次世界大戦敗戦前に日本が統治していた台湾や朝鮮半島、南洋などの「外地」、移民や移住先は、異なる言語圏に身を置いた作家たちが日本語で書く、文学の舞台になった。

 そして、これら地域に関係する日本語の文学は、今も生まれ続けている。例えば2年前に亡くなった津島佑子…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文978文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  3. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  4. ORICON NEWS aiko、声が枯れライブ途中で中止に ツイッターで謝罪「悔しくて死にそうです」
  5. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです