メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『外地巡礼 「越境的」日本語文学論』 著者・西成彦さん

西成彦さん

 ◆西成彦(にし・まさひこ)さん

 (みすず書房・4536円)

「移動民」の文学に目を凝らす

 佐藤春夫の台湾、横光利一の上海、中島敦のミクロネシア。第二次世界大戦敗戦前に日本が統治していた台湾や朝鮮半島、南洋などの「外地」、移民や移住先は、異なる言語圏に身を置いた作家たちが日本語で書く、文学の舞台になった。

 そして、これら地域に関係する日本語の文学は、今も生まれ続けている。例えば2年前に亡くなった津島佑子…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文978文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]