メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『老後と介護を劇的に変える食事術』=川口美喜子・著

 (晶文社・1728円)

 同僚や家族の間で、認知症や介護が話題になるたびに、「自分はNNK(ネンネンコロリ)ではなく、PPK(ピンピンコロリ)」と願う。前者は長く寝たきりになって亡くなること、後者は亡くなる直前まで元気に活動することを指す。

 著者は長年、管理栄養士として大学病院で患者に向き合った経験から、両者の分岐点は「食べ方」にあると分析した。その理由はこうだ。

 食材の色を楽しみ、においをかぎ、味を感じることは脳への刺激となる。相手のいる食事ならば、たわいない…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文472文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]