メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『老後と介護を劇的に変える食事術』=川口美喜子・著

 (晶文社・1728円)

 同僚や家族の間で、認知症や介護が話題になるたびに、「自分はNNK(ネンネンコロリ)ではなく、PPK(ピンピンコロリ)」と願う。前者は長く寝たきりになって亡くなること、後者は亡くなる直前まで元気に活動することを指す。

 著者は長年、管理栄養士として大学病院で患者に向き合った経験から、両者の分岐点は「食べ方」にあると分析した。その理由はこうだ。

 食材の色を楽しみ、においをかぎ、味を感じることは脳への刺激となる。相手のいる食事ならば、たわいない…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです