メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

患者の頑張り原動力 臨床から研究の道へ=山中伸弥

 先日、京都大iPS細胞研究所が発表した論文の一つについて、研究者の一人が研究データの改ざんや捏造(ねつぞう)をしていたことが学内の調査で分かりました。所長として、このような不正を防ぐことができなかったことに大きな責任を感じています。おわび申し上げます。今後は研究不正防止に向けた取り組みを強化し、失った信頼を取り戻したいと考えています。

 今回の件では、多くの方から叱咤(しった)や激励のメッセージをいただきました。改めてiPS細胞の臨床…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1351文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]