メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/3 鹿島 タイトル奪還へ攻撃強化

8季ぶりに鹿島でプレーするDF内田(手前)はチームにタイトルをもたらせるか。奥は大岩監督

 2月上旬、クラブスポンサーを集めて華やかに開かれた鹿島恒例の開幕前パーティー。冒頭、大画面に流された映像は昨季リーグ最終戦、勝てば優勝の状況で2試合連続無得点で2位に転落し、涙する選手たちの姿だった。目前の優勝を逃したリーグ戦をはじめ、昨季は全タイトル奪取を目標に掲げながら無冠。国内主要タイトル19冠を「20」に伸ばすことはできなかった。

 悔しさを胸に今季取り組むのは、ボールを保持しパスをつなぎながら組み立てる新たな攻撃パターンの増加と…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです