メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

伸びぬ「防災協力農地」 農家に利益なく善意頼り

 <いのちを守る>

 都市部での自然災害発生時に、住民の一時避難先や仮設住宅の設置場所として農地の提供を約束する「防災協力農地」の制度が伸び悩み、普及に苦戦している。1995年の阪神大震災の後、各地の自治体で農地の登録を募る仕組みづくりが広がったが、農家に恩恵が少ないことが原因になっているとみられる。

 「何かあれば、田んぼを踏み荒らされたって構わない」。大阪府寝屋川市の倉内喜由さん(74)の農地には「防災協力農地」と記された看板が立つ。約10年前から順次2000平方メートルを市に登録した。

 寝屋川市では2003年に制度がスタート。登録された農地は、災害の発生から7日間は、農家の許可がなく…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 米朝 遺骨捜索再開で合意
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 西日本豪雨 公立小中高の32校、早期再開を断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]