メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/65 沖宮

太古の草のそよぎが聞こえる=熊本県芦北町で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

魂の火となりて

 2月10日に亡くなった石牟礼道子さんの新作能「沖宮(おきのみや)」が今秋、熊本市など3都市で上演される。島原・天草の乱の天草四郎を主人公にした死と再生の物語。衣装を担当する京都の染織家、志村ふくみさんは石牟礼さんの死を聞き、「生き残った私がやりとげる。やれることは何でもやる」と屈しない構えだという。

 石牟礼さんは亡くなる10日前の1月31日、「村々は 雨乞いの まっさいちゅう 緋の衣 ひとばしらの…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島崎遥香 「リーガルV」に銀座ホステス役でゲスト出演 初共演の米倉涼子に興奮!
  2. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです