メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾崎放哉=小豆島尾崎放哉記念館提供

 自由律の俳人、尾崎放哉(ほうさい)(1885~1926)の代表作である「咳(せき)をしても一人」が小豆島で詠まれたことは、恥ずかしながら高松に赴任するまで知りませんでした。中学の教科書で初めてこの句と出合った時、寒い地方の人里離れた山の中で詠まれたと思い込んでしまい、穏やかな瀬戸内海を望む西光寺(土庄町)の「南郷庵(みなんごあん)」が舞台と知った時には意外な感じがしました。

 南郷庵を1994年に復元した小豆島尾崎放哉記念館は、放哉が最晩年を過ごした当時の部屋や土間を再現し…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです