メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

予知できない火山噴火への対策 「知」蓄え想定外に備えよ 京都大教授・鎌田浩毅氏

 12人が死傷した草津白根山(群馬・長野県境)の噴火から間もなく1カ月。専門家も今回の火口は「ノーマーク」で、噴火が想定されていなかったことが被害を大きくした。2014年に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境)以来の深刻な火山災害。111の活火山=1=を抱える世界有数の火山大国=2=で生きる知恵を鎌田浩毅・京都大教授(62)に聞く。【聞き手・永山悦子、写真・小松雄介】

この記事は有料記事です。

残り2831文字(全文3013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです