メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/4 セ大阪 ジンクス破り、初V挑む

セ大阪の主将に今季から就き、チームをまとめる山口(手前)

 J1に復帰した昨季は大躍進を遂げた。1993年の発足から無冠だったセ大阪がルヴァン杯と天皇杯の2冠を獲得し、J1でも過去最高タイの3位。今季はさらなる飛躍を目指すことになる。

 だが、チームにはジンクスがある。好調だったシーズンの翌年は苦しむ--。2013年のJ1で4位に入り、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)と並行して戦った14年のリーグ戦は17位。日本代表選手をそろえながら、J2に降格した。10年にJ1で初めて3位に入り、11年は初出場のACLで8強入りしたが、J1で12位。ACLを含めたタイトな日程を強いられると、調子の浮き沈みが出てしまっていた。

 今季、ジンクスに打ち勝つための策がターンオーバー制だ。リーグ戦とカップ戦でメンバーを大幅に変えた昨…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです