メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

フェブラリーS ノンコノユメ、G1を初制覇

 第35回フェブラリーステークス(18日・東京11R1600メートルダート16頭、G1)は4番人気のノンコノユメ(内田博幸騎乗)が1分36秒0で中央G1初制覇を果たし、1着賞金1億円を獲得した。

 重賞は5勝目(地方交流G1の1勝を含む)。内田騎手はこのレース9年ぶり2勝目で、加藤征弘調教師は初勝利。

 ノンコノユメは最後の直線で最後方からスパート、連覇を狙って先に抜け出した1番人気のゴールドドリームを首差で差し切った。さらに首差の3着は6番人気のインカンテーション。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです