メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ軍

シリアで化学兵器使用か 市民が呼吸困難訴え

 【カイロ篠田航一】トルコ軍が続けるシリア領内のクルド人勢力への軍事攻撃で、在英民間組織・シリア人権観測所は17日、シリア北西部アフリン近郊で16日にあった砲撃後に市民6人が呼吸困難を訴え、病院に運ばれたと発表した。患者の症状などから化学兵器の塩素ガスが使用された疑いが浮上しているが、トルコ外交筋はロイター通信に「根拠のない言い掛かり。化学兵器は一切使用していない」と否定している。

 報道によると、患者は呼吸困難や激しいせき、やけどなどに苦しんでおり、症状から塩素ガスが使用された疑…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです