メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

キズついても諦めず 「なおる」ガラス開発 相田卓三さん、柳沢佑さん

自己修復するガラス(縦約1センチ×横約2センチ)。インテリア用ガラスなどへの応用が期待される

東京大大学院教授・相田卓三さん、元相田研究室所属・柳沢佑さん

 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻の相田卓三教授(61)と元相田研究室の柳沢佑さん(33)らの研究グループが、世界初の自己修復ガラスを開発した。割れたり、ひびが入ったりしても「なおる」不思議なガラスの発見の経緯に迫った。【東京理科大・加藤真衣】

 自己修復とは傷や機能が自動的に「なおる」ということ。2人が「なおる」と表現するのは、物質の傷が「直…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2223文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 名人戦 佐藤、羽生の攻めを待つ 第6局・2日目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]