メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重大学・ひと模様

紙や草をエネルギーに変える酵素を研究 苅田修一さん /三重

大学院生物資源研究科教授 苅田修一さん(58)

 紙や草を分解するバクテリアの酵素を研究している。「紙や枯れ草、もみ殻から、ガソリンのような燃料を作ることができる可能性がある。うまくいけばプラスチック原料やエネルギーに変換できる。三重県は山が多いのでエネルギーを自給できるかもしれない」

 そんな夢を抱くが「簡単ではない」と言う。昨年他界した米国留学時代の恩師の言葉を教えてくれた。「私たちはライト兄弟だ。初めて空を飛んだ80メー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです