メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

比較「不適切」 厚労省、異なる調査使う

厚生労働省の労働時間の調査方法

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに疑義が生じている問題で、厚労省は19日、一般労働者には「最長の残業時間」を尋ねていたものの、裁量労働制で働く人には単に労働時間を聞いていたことを明らかにした。質問の異なる調査を比較して「裁量労働制の方が働く時間が短い」としていたが、担当者は条件の違いを認識せず集計したという。厚労省は「意図的ではなかった」と釈明するが、野党は追及を強める方針だ。

 加藤勝信厚労相は19日の衆院予算委員会で「一般労働者と裁量労働制で異なる仕方で選んだ数値を比較して…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです