メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

比較「不適切」 厚労省、異なる調査使う

厚生労働省の労働時間の調査方法

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに疑義が生じている問題で、厚労省は19日、一般労働者には「最長の残業時間」を尋ねていたものの、裁量労働制で働く人には単に労働時間を聞いていたことを明らかにした。質問の異なる調査を比較して「裁量労働制の方が働く時間が短い」としていたが、担当者は条件の違いを認識せず集計したという。厚労省は「意図的ではなかった」と釈明するが、野党は追及を強める方針だ。

 加藤勝信厚労相は19日の衆院予算委員会で「一般労働者と裁量労働制で異なる仕方で選んだ数値を比較して…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです