メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

規制強化では困窮者救えない=野沢和弘

 11人の犠牲者を出した札幌市の自立支援住宅の火災をめぐり、運営する会社の安全管理上の責任を問う声が上がっている。再発防止のため規制強化を求める意見もある。

 しかし、生活困窮者への公的支援の乏しさ、縦割り制度の弊害にこそ、この火災を生んだ本質がある。それを棚上げして運営会社の責任追及と規制強化をしても再発防止にはつながらない。むしろ、困窮者支援をしている人々を追い詰め、支援から遠ざけることになるだろう。

 全焼した生活困窮者の支援住宅は築40年を超える旅館を改装したものだ。木造3階建て住宅にはスプリンク…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです