メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

試練の再始動

/下 次の5年、イバラの道 「2%」こだわり、副作用拡大も

黒田日銀を待ち受ける今後の主な日程

 「手腕を信頼し、任せている」。安倍晋三首相は国会答弁で日銀の黒田東彦総裁についてこう評し、再任はほぼ無風で決まった。だが、ある有力日銀OBは「黒田さんは本当は辞めたかったのではないか。次の5年はどう考えてもイバラの道だ」とおもんばかる。

 黒田氏を待ち受ける最大の難題は、2%の物価上昇目標の達成そのものだ。黒田氏は5年前の就任直後、大規模な金融緩和策の異次元緩和によって「2年で達成する」と強調したが、それから5年間で6度にわたって達成時期を先送りし、現在は「2019年度ごろ」と見込む。

 しかし、主要シンクタンクの19年度の物価上昇率見通しは1%前後にとどまり、実現を信じるエコノミスト…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1240文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]