メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

試練の再始動

/下 次の5年、イバラの道 「2%」こだわり、副作用拡大も

黒田日銀を待ち受ける今後の主な日程

 「手腕を信頼し、任せている」。安倍晋三首相は国会答弁で日銀の黒田東彦総裁についてこう評し、再任はほぼ無風で決まった。だが、ある有力日銀OBは「黒田さんは本当は辞めたかったのではないか。次の5年はどう考えてもイバラの道だ」とおもんばかる。

 黒田氏を待ち受ける最大の難題は、2%の物価上昇目標の達成そのものだ。黒田氏は5年前の就任直後、大規模な金融緩和策の異次元緩和によって「2年で達成する」と強調したが、それから5年間で6度にわたって達成時期を先送りし、現在は「2019年度ごろ」と見込む。

 しかし、主要シンクタンクの19年度の物価上昇率見通しは1%前後にとどまり、実現を信じるエコノミスト…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1240文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです