メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/5 名古屋 新外国人加入、底上げ

今季から名古屋に加わった元ブラジル代表のジョー(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで2018年2月13日、藤田健志撮影

 初のJ2降格から1年でJ1復帰を果たした名古屋は、攻撃的なスタイルを構築した。「勝ち、負けだけではお客さんが入らない時代。相手サポーターも『見たい』と思うサッカーをやりたい」と就任2年目の風間八宏監督(56)は息巻く。昨季J2最多85得点の攻撃陣は、元ブラジル代表FWジョー(30)の加入で厚みを増した。

 ジョーは長い距離のシュートを狙え、192センチの長身を生かした空中戦も武器。2014年ブラジルワー…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです