メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『浮き世離れの哲学よりも……』『言わなければよかったのに日記』

都々逸とかさなり合うような人間のえぐい匂いが立ちのぼる

◆『浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸』坂崎重盛・著(中央公論新社/税別1700円)

◆『言わなければよかったのに日記』・著(中公文庫/税別740円)

 『浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸』の著者である坂崎重盛さんの軸としての学問に、造園学があると、あるとき知ったのだが、それが判明したところで、坂崎重盛の芯が私に解明できたわけでは、もちろんなかった。

 その感触をアバウトに述べるならば、博覧強記と諧謔(かいぎゃく)のけはいをベースに、きわめて按配(あ…

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1564文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]