メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『安楽死を遂げるまで』宮下洋一・著

命は誰のものなのか 死は誰が決めるのか

◆『安楽死を遂げるまで』宮下洋一・著(小学館/税別1600円)

 口絵には、安楽死を選んだ人たちや自殺幇助(ほうじょ)した医師の「写真」が並んでいて生々しい。欧米諸国では安楽死の是非をめぐる議論が活発化しているらしいが、その実情はどうか。著者は、終末期患者と関わる環境で看護師として働くパートナーとの会話から安楽死について興味を持ち、欧米5カ国と日本での現状を取材した。安楽死希望者が女性医師プライシックの助けを借りて、点滴のストッパーを患者が自らの手で開け、死に至る「瞬間」にも何度か立ち会っており、ルポの臨場感に胸が締めつけられる。プライシックは、医師による自殺幇助が認められているスイスに拠点を置く自殺幇助団体「ライフサークル」の代表。スイス国内のみならず、外国の希望者も受け入れてい…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文909文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]