メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『白鵬伝』朝田武藏・著

雄弁で饒舌な横綱の心の中を写し取る

◆『白鵬伝』朝田武藏・著(文藝春秋/税別1800円)

 昨年来、相撲界に激震が走っている。昭和7年に起きたあの春秋園事件以来の危機かもしれない。この事件では、相撲協会の革新を求めて出羽海部屋一門をはじめとする多くの力士たちが立ち上がり、一時は革新派と保守派の勢力が拮抗(きっこう)した。革新派の要求とは「地方巡業制度を根本的に改革すること」「入場料を値下げし、角技を大衆のものたらしめること」「冗員を整理すること」などが含まれていて、それは現在に至るまで引きずられている課題ともいえる。

 日馬富士の暴行事件に端を発した今回の相撲界の騒動は、簡単に言ってしまえば、モンゴル勢の価値観を協会…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1443文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]