メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

4年に1度、最高の舞台を=杉山愛

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 佳境を迎えている平昌五輪で「アスリートファースト」を唱えながら、深夜の競技や悪天候での進行に大きな疑問を抱いている。背景には欧米メディアによる放映権などの事情があるのだろう。それでも2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えると、国際オリンピック委員会(IOC)はもう少し選手を守らなければいけないと思う。

 どんどん気温が下がる深夜、観客も少ない会場で大ベテランのジャンプ男子・葛西紀明選手が「寒かったー」…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文856文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 名人戦 佐藤、羽生の攻めを待つ 第6局・2日目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]