メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

落語家 柳家権太楼「笠碁」 小さんに憧れて

落語家・柳家権太楼

 おいそれとは手を出せない。名人上手たちが磨き、極めた噺(はなし)は、時にただ仰ぎ見るだけの頂のようでもある。柳家権太楼にとって、師匠五代目柳家小さんの十八番「笠碁」がそれであった。「表面の言葉とか仕草はできるんです。でも、師匠の芸の力を、本質を見てしまったから。だから怖くてできなかったんだと思います」

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1203文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです