メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

南海トラフ地震「臨時情報」 「不確実さ」踏まえ議論を=池田知広(大阪科学環境部)

 南海トラフ沿いで想定される地震について、政府は予知を諦め、発生可能性が高まったと判定した時に臨時の情報を発表することになった。約40年間、東海地震を予知して緊急の防災体制を敷く仕組みだったが、「科学的に予知は困難」と断念。前兆の可能性がある現象を観測し、大地震発生の確率が「普段より高い」という状況で臨時情報を出す。命に直結するが、的中しない可能性もある情報にどう対応すべきなのか。国は早く考え方を示すべきだし、私たち一人一人も自分なりの対応を考えておきたい。

 臨時情報の名称は昨年11月に運用が始まった「南海トラフ地震に関連する情報」。気象庁が専門家の判定に…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです