メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ政権移行チーム、実務トップ 「対北朝鮮、結束必要」 日米関係「イチバン」

エド・フルナー氏=高本耕太撮影

 【ワシントン高本耕太】「パリ協定」離脱や国防予算増額など、トランプ米政権に主要政策を提言してきたシンクタンク・ヘリテージ財団の創設メンバーで、政権移行チームの実務トップを務めたエド・フルナー氏が毎日新聞の取材に応じた。トランプ政権下の対日関係について、米英同盟の「特別な関係」に匹敵する「イチバン・カンケイ」になったと評価。北朝鮮の核・ミサイル問題では「トランプ氏の断固とした姿勢が効果を出している」と強調した。

 フルナー氏は、大統領就任から1年以上が経過したトランプ氏が各国首脳との関係構築に成功したことで、「…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです