メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

隣国苦境 ブラジル・コロンビア、難民流入で治安悪化

スポーツセンターで寝泊まりするベネズエラ難民ら=コロンビア北部ククタで2018年1月24日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】経済危機が深まる南米ベネズエラから大量の難民流入が続くブラジル、コロンビア両国の国境沿いの町が苦境に立たされている。人口の1割を超える難民が滞在するとみられるブラジル北部ロライマ州の州都ボアビスタでは、住む場所のない難民が路上にあふれ、治安も悪化。テメル大統領は12日、現地を視察し、他州に難民の受け入れを促す方針を表明した。

 「ロライマで市民の雇用が奪われている。難民が来るのを妨げはしないが、流入を調整する」。州政府当局者…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1080文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです