メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

大都会の水上集落 ジャカルタ支局・平野光芳

 家の間の細い路地を歩いていると、大きなナマズが「ドボン」と跳ねる音が聞こえてきた。ここは「テコ村」と呼ばれるジャカルタ北部の下町。水深2メートルの池の上に113世帯が暮らす水上集落だ。

 浅瀬に高床式の家を構えるのは世界的に珍しくはない。テコ村が異例なのは、ここには元々、水がなかった点だ。「子供の頃は墓場が広がっていて、誰かが埋葬された直後は怖くて外で遊べませんでした」。主婦のノフィさん(30)は墓場が沈む池の底を指さした。

 異変が起きたのは1992年ごろだ。くぼ地にあった村に周辺から水がたまり始め、年々、水位が上昇。住民…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文558文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]