メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

大都会の水上集落 ジャカルタ支局・平野光芳

 家の間の細い路地を歩いていると、大きなナマズが「ドボン」と跳ねる音が聞こえてきた。ここは「テコ村」と呼ばれるジャカルタ北部の下町。水深2メートルの池の上に113世帯が暮らす水上集落だ。

 浅瀬に高床式の家を構えるのは世界的に珍しくはない。テコ村が異例なのは、ここには元々、水がなかった点だ。「子供の頃は墓場が広がっていて、誰かが埋葬された直後は怖くて外で遊べませんでした」。主婦のノフィさん(30)は墓場が沈む池の底を指さした。

 異変が起きたのは1992年ごろだ。くぼ地にあった村に周辺から水がたまり始め、年々、水位が上昇。住民…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです