メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『珈琲が呼ぶ』 片岡義男さん

「電車の連なりを段階的に見せた写真ができたのは良かった」と片岡義男さん=八木正撮影

 (光文社・1944円)

コーヒー媒介に45編の物語

 片岡義男さんの新刊「珈琲(コーヒー)が呼ぶ」が発売された。カラー写真がぜいたくに盛り込まれた、コーヒーが主役の書き下ろし。350ページにわたり45編のエッセーが収められている。締め切りはなく、分量も自由だったという。「楽しかった。ぽんぽんと書きました」【井上志津】

 始まりは「コーヒーで一冊つくりましょう」という担当編集者からの依頼だった。「最初はあまり乗り気では…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1066文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]