メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/6止 浦和 攻守のバランス意識

名古屋との練習試合で相手と競り合う浦和のマルティノス(左)=大島祥平撮影

 リーグ戦の不振による7月の監督交代と、日本勢で9年ぶりとなる11月のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇。浦和は昨シーズン、地獄と天国を味わった。

 ペトロビッチ監督から指揮を引き継いだ堀監督が取り組んだのは守備の立て直し。それは数字にはっきりと表れている。点を取れば取られもする攻撃型のチームが、監督交代後のリーグ戦14試合は得点19に対し失点18と、守備で勝ちきるチームへと様変わりした。

 2006年以来遠ざかっているリーグ戦のタイトル獲得のためには今一度、攻を作り直すことで、守に傾いた…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです