メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位

儀式でお言葉 陛下、国民に対し 概要決まる

 政府は20日、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う式典準備委員会(委員長=菅義偉官房長官)の第2回会合を首相官邸で開き、退位の儀式について概要を決めた。国事行為として2019年4月30日に実施する。式典では首相が退位特例法に基づき陛下が退位されることを表明し、その後、陛下が国民に対してお言葉を述べる。

 退位の儀式は「退位礼正殿(せいでん)の儀(仮称)」として皇居の正殿松の間で行う。侍従が皇位の証しとしての剣や璽(じ)(勾玉<まがたま>)などを持って部屋に入り、首相の発言と陛下のお言葉が終わった後、侍従が持って退席する。天皇、皇后両陛下のほか女性を含めた皇族が出席し、閣僚、衆参正副議長、最高裁長官、都道府県知事や市町村の代表らが参列する。

 また秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の皇嗣(こうし)になることを内外に示す「立皇嗣の礼(仮称)」も国事行為とし、20年に行う。政府主催で陛下の在位30年を祝う記念式典は、19年2月24日に国立劇場(東京都千代田区)で開くことも決めた。

 石原信雄元官房副長官、園部逸夫元最高裁判事、所功京都産業大名誉教授、本郷恵子東大史料編纂所教授からの意見聴取結果も報告された。

 4人とも退位の儀式を国事行為とすることが望ましいとの意見を述べた。参列者を招いて即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」は簡素化すべきだとの意見もあった。【野口武則】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです