メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

難民流出で隣国苦境 ブラジルは他州と調整

スポーツセンターで寝泊まりするベネズエラ難民ら=コロンビア北部ククタで2018年1月24日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】経済危機が深まる南米ベネズエラから大量の難民流入が続くブラジル、コロンビア両国の国境沿いの町が苦境に立たされている。人口の1割を超える難民が滞在するとみられるブラジル北部ロライマ州の州都ボアビスタでは、住む場所のない難民が路上にあふれ、治安も悪化。テメル大統領は12日、現地を視察し、他州に難民の受け入れを促す方針を表明した。

 「ロライマで市民の雇用が奪われている。難民が来るのを妨げはしないが、流入を調整する」。州政府当局者…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです