メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

被害軽減法案を閣議決定

閣議に臨む安倍晋三首相(右から2人目)ら閣僚=首相官邸で2018年2月20日、竹内紀臣撮影

 政府は20日、地球温暖化に伴う災害を軽減し、産業被害を抑えるための「気候変動適応法案」を閣議決定、国会に提出した。国立環境研究所(茨城県つくば市)を温暖化影響の分析拠点とし、地方自治体による温暖化の適応計画策定を努力義務とする。今春の成立を目指す。

     法案では、環境省と都道府県が連携し、被害軽減の具体策などを話し合う「広域協議会」を各地に設置するよう促す。日本の人工衛星による温暖化の観測などの調査研究を進め、途上国とも情報を共有し、国際協力に取り組む。

     同省などが今月公表した気候変動の影響評価をまとめたリポートによると、日本の平均気温は世界平均よりも速いペースで上昇している。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が示す最悪のシナリオ通りに温暖化が進めば、日本の年平均気温は今世紀末までの100年間で最大5.4度上昇し、強い雨も増えると予測されている。【五十嵐和大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    3. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
    5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです