メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

ウナギの婚活の行方=鴨志田公男

 ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)漁が、今漁期は記録的な不漁だという。

 市場に流通するウナギの大半は、稚魚を捕獲して、養殖したものだ。だから、稚魚の不漁は、ウナギの市場への供給量不足に直結する。

 日本養鰻(ようまん)漁業協同組合連合会(日鰻連)の白石嘉男会長は「5年前の不漁よりさらに悪い」と気をもんでいる。

 国際自然保護連合(IUCN)は2014年、ニホンウナギを絶滅危惧1B類に指定した。乱獲や生息域の減…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1107文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  5. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]